湯沢屋ロゴ

日光プレミアムセット 5,400円(送料・税込)

湯沢屋について
湯沢屋 外景写真

歴史
 世界遺産『日光の社寺』の門前に湯沢屋が創業いたしましたのは、今から約200年前の文化元年(1804年)文化文政の町人文化が花開く11代将軍徳川家斉公の時代でありまして、この頃には一般町人も“日光詣”と称して日光に参詣するようになり、そんな参詣者に甘い物を売り始めたのが湯沢屋の起源であるという事で、その創業当時より代々受け継がれて来ましたものが湯沢屋のまんじゅうであります。湯沢屋は古くから世界遺産『日光の社寺』にお出入し、大正時代には日光御用邸に精養に来られた大正天皇に酒饅頭が献上されました。

店主挨拶
 この度は、湯沢屋のホームページへお越しいただきまして、誠にありがとうございます。どのような人間が製品造りをしているのかを知っていただきたく、一言ご挨拶申し上げます。
 私は、2004年4月 創業二百年の節目を機に、六代目の父から41歳で湯沢屋を譲り受けました。私は幼いころから家業に興味を持っており、次男坊でありながら、兄が他の道に進んだことから、この道に進むことが出来ました。
 高校時代はエレキギターに熱中し武道館を目指していましたが、大学に行き何故か少林寺拳法部に入部したため、幸か不幸か、拳法着を着て武道館に立つことが出来ました。旅行好きだったため、学生時代に全国の観光地はほとんど観て周ったことから、観光地の在りようというのが少しは分かったような気がします。卒業後は菓子の修行に出るわけでしたが、時代はバブル真っ盛り、人手が足りないからすぐに帰って来いとの命を受け、現在に至っております。
 世界遺産『日光の社寺』の門前で、江戸時代から受継がれる日光酒饅頭の製造に勤しめる事を、日々日光の神仏に感謝しながら生活しております。休みの日には、日光の山々を歩いたり、中禅寺湖にカヌーを浮かべたりして、聖地日光の神秘的な気を全身に吸収し、リフレッシュしております。もしかすると、私の作る酒饅頭にも、そんな日光の気が入っているかもしれません?!
最後になりましたが、2004年、日光にいらっしゃった皆様に、くつろぎのスペースをご提供いたしたく、店舗隣に茶寮を設けましたので、どうぞお立寄りいただき、伝統の味を日光の気と共に味わっていただければと、皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。
店主写真
湯沢屋七代目
高村 英幸
昭和38年11月10日 日光に生まれる
日光市立日光小学校
日光市立 東中学校
栃木県立 鹿沼高校
武蔵大学経済学部経営学科 卒業
昭和61年4月(有)湯沢屋 入社
平成16年4月 7代目代表取締役 就任

案内図
マップ
  店名 (有)湯沢屋
  住所 栃木県日光市下鉢石町946
  電話 tel:0288-54-0038 fax:0288-53-3438
  営業時間 午前8:00〜午後6:00
[茶寮] 午前10:00〜午後4:00(ラストオーダー)
  定休日 不定休
  交通案内 最寄駅:「東武日光駅」から徒歩15分



(有)湯沢屋 栃木県日光市下鉢石町946
tel:0288-54-0038
fax:0288-53-3438

コピーライト